【鯛の子の炊いたん】おばんざいレシピ

今日は鯛の子(たいの卵)を使ったおばんざいレシピをご紹介します。



今日のおばんざいレシピ

鯛の子の炊いたん
鯛の子の炊いたん

料理名:鯛の子の炊いたん
作者:ねこまめたぬき

■材料(4人分)
鯛の子 / 1パック
酒 / 大1
酒、みりん / 大1
白だし / 大1
しょうが / 1かけ

■レシピを考えた人のコメント
魚屋で鯛の子を見かけると、買わずにはいられません。上品な煮物ですが、ホカホカご飯にぶっかけて食べるのがおすすめです。

詳細を楽天レシピで見る

作り方

①鯛の子は血が残っているようなら酒で洗います。一口大に切り、切込みを入れると、新鮮なものなら炊くときれいに開きます。

②しょうがは針しょうがにし、一つまみは水にさらし、あしらいにする、だしをあわせひたひたの水を加え、味を調える。

③沸騰したら子を加え、落し蓋をして炊く、火が入ったら、冷まして盛り付けます。しっかり冷やしてもおいしいよ。

まとめ

春の鯛は産卵のために卵を持っています。鯛の子を湯がくと花が開いたようになることから「花煮」とも呼ばれます。生姜を加えると魚臭さを抑える事ができますが、反対に生姜が苦手な場合はそのままお出汁で炊いても良いでしょう。お酒の肴にもピッタリです。